ご挨拶

勇気凜々

日頃より、当協会の事業活動並びに運営にご理解とご協力を頂いておりますことに深く感謝申し上げます。

さて、我々地質調査業界は、激甚化する自然災害に対しては、『命を守る公共事業の担い手』として、インフラ整備の老朽化対策においては地域の実情を熟知した『地域の町医者』として、又、少子高齢化の時代にあっても活力を持った『地方創生の担い手』として、その果たすべき役割は益々重要性を増しつつあります。

これまで培ってきた技術・技能を承継発展させ、本県の基幹産業として持続的な発展をしていく上で、建設関連産業を支える優秀な人材の確保・育成のために安定した雇用環境を提供していくことが必要であると考えておりますので、今後とも、より一層のご支援をお願い申し上げますとともに皆様方のご健勝、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

一般社団法人 福島県地質調査業協会
会長 佐藤 宗弘